2017年08月29日

龍真咲コンサート2017

ビューティフル千秋楽の余韻もそこそこに

ソワレは渋谷 オーチャードホールへ。

ビューティフルを一緒に観た友人も「観てみたい」とのことで一緒に。
(でも知らない曲ばかりで、ちょっと退屈してたみたい・・・)

コンサートの詳しい様子と衣装はコチラで。
オープニングのショーは怪しくも美しく、ショーアップされていましたが・・・

私もまだ8/23に発売されたばかりのアルバム『L.O.T.C 2017』を聴いていなかったので

1部の歌のワールドツアー?での「コパカバーナ」とか「夢見るシャンソン人形」(個人的にこの曲大好きなので、テンション上がりました)とか「宇宙戦艦ヤマト」とか「キューティーハニー」とか

ミュージカル曲の「ひそかな夢」とか「Defying Gravity(自由を求めて)」(浅利先生の歌詞だったな・・・)位で、あとはよく分からなくて・・・

レスリー・キーのショートムービー(ショートじゃなかったです、ココが事実上の休憩時間という感じで、知ってる方はトイレに行ってました)の後の2部は『L.O.T.C 2017』の曲を披露してくれたので、初めて聴く曲ばかりでした。

※渋谷の街中で撮影した映像で、Bunkamuraのシャッターなんかも映り、なかなか刺激的でした。

ドラマの主題歌になりそうなポップでキャッチーな曲ばかり。

まさおクンの歌声もすっかりJ-POPアーティストみたいな感じで、宝塚男役TOPからの華麗なる転身、振り切れ感がとても清々しくて魅力的でした。

中性的でもあり、女の子っぽくて可愛くもあり、彼女のそういう面に惹かれたので、今後も応援していこうと思います。

でも・・・

会場特典があったら、FCに入っちゃおうかなーと思っていたのですが

FC専用のポイントカードなるものがあり、会場入会すると3ポイントもらえるというものだったので、なんとなく入りそびれました・・・

多分、FCに入ってるまさおファンはコンサート、3回とも観る👀という方が多そうな雰囲気でした。

温度差があり過ぎな感じなので、ビビッてしまいましたが、年内に入会出来ればいいなーと思っています。

プログラムは3000円で、ちょっと高いなーと悩んでいたら、友人が1週間早いBDプレゼントに買ってくれました♡
続きを読む
posted by の。の at 13:18| 東京 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Beautiful千秋楽

観てきました。

前日にコレを観まして、めずらしく予習をして行きました。

基本的にはニュートラルな状態で観るのが好きなのですが

キャロル・キングの背景を知っておくことで、すんなりと物語に入り込むことが出来ました。

そして、目黒条さんの翻訳が私的にピッタリ合っていまして

今回は平原綾香キャロルしか観なかったんですが、彼女のセリフ回しにもナチュラルにマッチしているような気がしました。

彼女のブログのトップにありますが、今年初旬に観たミュージカル、『キャバレー』と『ビッグ・フィッシュ』の翻訳もされているんですね。

キャバレーは石丸MCに視覚・聴覚を奪われ過ぎて、印象にないのですが

ビッグ・フィッシュのセリフはとても耳に心地良かったのも頷けます。

キャロルのクレバーでウィットにとんだセリフ、軽く自虐的であっても品良く響いてきて、それはあーやのキャラクターがそうさせている部分もあるとは思いますが、会話のテンポがみずみずしく弾んでいて、惹きつけられました。

今まで翻訳者を気にしたのは小田島雄志氏と松岡和子氏くらいなのですが

今後は目黒条さんをチェックしていきたいと思います。


もちろん、あーやこと平原綾香嬢の歌声と、LNDから格段に上がった演技力にも感嘆!

カテコで、「キャロルが歌手だったから演じるコトが出来た」と言っていましたが、やはり共感したり、気持ちが理解しやすいという点でも、巡り合うべき作品だったのかなと思います。

何よりも、心から楽しんで演じていてそれが伝わってきて、キャロルあーやから目が離せませんでした。

久々に長い時間舞台に立つ姿を観た伊礼彼方クンのジェリー・ゴフィンも、抑えた演技でダメ男を好演していました。

ヒドイ男だけど、放っておけない感もあったし。

あーやキャロルとの相性もビジュアル的並びも良かったなと思います。

ライバルでもあり、お互いを高め合う友人カップルのアッキー扮するバリー・マンとソニン扮するシンシア・ワイルもとても明るく華やかに、舞台を引き締め、緊張と緩和の、緩和の部分で、ストーリーの美しい流れを作っていたと思います。

剣幸ママも武田真治プロデューサーもさりげない存在感で、確実な演技。

プリンシバルキャストがしっかりと脇を固めて、舞台経験の少ないヒロインを盛り立て、野球で言えば新人投手を打撃が援護射撃するみたいなチームワークぶりが伝わってきて、とても良いムードを感じるカンパニーでした。

それに加えて、アンサンブルの面々の歌が存分に楽しめたことも嬉しい。

魅力的で実力者揃いのアンサンブル達も生き生きと歌って踊り、ソロパートもふんだんに設けられていて、全ての役者をしっかりと見つめるコトが出来ました。

アンサンブルもとてもやりがいのある作品だったんじゃないかなぁと思います。


今、自分の人生が思い描いていた通りにならない出来事があり、この世界は色褪せて、悲しみに暮れる日々を仕方なくやり過ごしているのですが、劇中でのキャロルのセリフ『望みどおりにならないとき、人は何かを見つける・・・』

見つけられるのは前を向いている人だけだとは思いますが、いつか自分が前を向くことが出来た時、世界にありったけの愛を込めて、生きていることを感謝出来るといいなぁと思うことが出来た、ビューティフルな2時間40分でした。
posted by の。の at 10:42| 東京 ☀| Comment(0) | 東宝・ホリプロ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

#キミスイ

8月9日に『君の膵臓をたべたい』を観て来ました。

職場で毎年話題に上る小説(←ナゾ)なので、タイトルのインパクトから気になったいたのですが
オグリンが出るとなると、観ないワケには行かず・・・
時期的に涙もろいモードなので、ものすごく泣いてしまいました。
ラストちょっと前の桜良のアレには納得いかない・・・というか、なんで?そうなる?って感じでしたが
高校生にはばっちりハマるんだろうなーって思いました。
地元の映画館も、今まで遭遇したことのない混み具合でちょっとビックリ。
桜良のアニメ声が現実感を更に遠のかせた感じもしますが、小説を読む気にはならなかったので、映画を観ることが出来て良かったです。


勢いで、今年観た映画と一言感想を。

ロクな写真じゃないけど、リアリティを大切にしてるので、自分で撮った映画館のポスターを。
(ちなみにキミスイはまだPCに取り込んでないので、後ほどUPする予定)

2月2日 この世界の片隅に
KSK.JPG
戦時中〜戦後直後の広島の人々の様子をヒロインすずを通して淡々と描いた作品。
この時代をたくましく生き抜く普通の人々の強さに心打たれました。
もともとのん(能年玲奈)贔屓なのですが、すずの内面にもぴったり寄り添う声の演技が素晴らしかった。


3月1日 彼らが本気で編む時は
KHA.JPG
斗真扮するリンコの内面的にも高い女子力に脱帽
良い刺激になりました。
ストーリーもキャスティングもとても良かった。
トモの柿原りんかちゃんはアマデで観ているので、これからを見守りたい女優さんです。


3月9日 ラ・ラ・ランド
LLL.JPG
オープニングではワクワクしたけど・・・これはミュージカル映画かなぁ?って感じでした。


5月4日 美女と野獣(吹替版)
BB.JPG
セリフと口の動きがズレてるところがあってザンネンだったけど、もともとの楽曲も良いし楽しめました。
ビー・アワ・ゲストのシーンは劇団四季版のミュージカルの方が断然良かった。
エマ・ワトソンの歌声も聴きたかったので字幕版も見たかったな。


6月14日 22年目の告白
22K.JPG
途中で真犯人が分かっちゃったけど、役者の力で見せてくれる、緊迫感溢れる映画でした。面白かった!

22T.JPG
↑化粧室で見つけて面白かったので、こちらも


6月17日 昼顔
映画館のポイントが溜まっていたので、友人の付き合いで観た映画。
連ドラは観ていなかったけど、そこそこ面白かったです・・・(不倫するとあそこまで痛い目にあうのか・・・)
ただ、シアターに入る前に『昼顔』のポスターを写真撮影していた時、通りすがりの別な映画を観終わった女性2人組に大声で「あ、これラスト○○○○○○だよね」とネタバレされてしまい、彼女たちを心から呪いました。
顔も見なかったし、誰だか知らないあなたたち、呪われてますよ💢
その上、写真も失敗してました・・・😢


6月22日 ムーンライト
ML.JPG
アカデミー賞を取った作品なので観に行ってみました。
想像と違った内容でしたが、あとからジワジワきました。
どんな形であれ、純愛って心を打ちます。


7月24日 銀魂
gintama.jpg
2週間ぶりに笑うことが出来た映画でした。
福田ワールド、やっぱり好き♡
アホやな〜ってコトは生きていくために絶対必要だなって思いました。
(観る前はパチンコの映画かと思ってましたー💦)
posted by の。の at 16:46| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

今日は立秋

前ログから

7/8 オペラ座の怪人
7/15 レ・ミゼラブル(ソワレ)
8/2 子供の事情
8/6 ビリー・エリオット(マチネ)/他(ソワレ)

を観ました👀

映画は【銀魂】を観ました👀

7/13に石丸幹二アコースティックコンサート(マチネ)とエルライ(ソワレ)に行く予定でしたが、行くコトが出来ませんでした。

仕事で胃が痛いと愚痴っていましたが
そんな気分を吹き飛ばす、大きな喪失感を味わいつつ日々を過ごしています(←暗い・・・)

今後の観劇予定は全てキャンセルしたい気分でしたが
同行者がいるステージは行きました。
今後もそんな感じになると思います。

心がやさぐれているせいで、斜に構えて観てしまっているのか
『ビリー・エリオット』は子役の演技、パフォーマンス、粗削り過ぎて、周りの観客が大盛り上がりしている中、恐ろしいほど冷え冷えとした目線で観てしまいました。

発表会などで、自分に関係する子供が一生懸命頑張っていれば、惜しみない拍手を送りますが
かなりお高い部類のチケット代を支払って観ているのですから、全てプロの仕事とみなして観ています。
まだチケット代に見合うパフォーマンスではないと感じました。

気力と時間があれば、もっと細かく感想を書きたいトコロですが、多分出来ないかなぁ〜と思うので、チラッと記しておきます。

『子供の事情』は素晴らしいステージでした。
読売演劇大賞とか取らないかなぁって思ってます。
脚本、演出、役者の力量、全てがマッチングした、これぞ総合芸術と言う感じの舞台でした。
posted by の。の at 13:15| 東京 ☀| Comment(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

胃のイタイ日々

前ログのブラックコメディから、9ステージに行きました。

5/18 マチネ スカーレット・ピンパーネル
5/18 ソワレ グレート・ギャツビー
5/24 アラジン(2周年)
6/4 パレード千秋楽
6/15 レ・ミゼラブル(スペシャルウィーク)
6/25 ノートルダムの鐘千秋楽
6/30 マチネ 幕末太陽傳/Dramatic “S”!
6/30 ソワレ live image
7/3 レ・ミゼラブル(マチネ)

マークが付いてるのは寝ちゃったり、大満足とは言えなかったステージ。

今、仕事が上手くいってないので、とても感想を述べる気分にはならないのですが
(かと言って、仕事にも向き合えないでいますけど〜💦)
心からエンタメを楽しむためには、現実逃避より、日常生活が充実してた方が絶対良い
ということを実感しています。

仕事のコトを考えると胃がズキズキしちゃいますが
posted by の。の at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

ブラックコメディ

1年5ヶ月ぶりの更新です。
月日の経過は早い・・・😅
半年以上更新しないと画面下に広告が出ちゃって読みにくかったので、思い立ちました。
備忘録としてたまに読み返しているのです😅

5/11にブラックコメディを観て来ました。

四季観劇歴はかなり長いのですが、この演目は初見です。

今までは特に興味も湧かず、観る気には全くならなかったのですが
(あ、石丸ブリンズリーは観たかったです👀でも、その時1年に数回しか観劇してなくて情報に疎かった・・・)
今回はハギーブリンと牧野ハロルド観たさに、行くコトになりました。

面白い!笑える!とは聞いていましたが
それ以上にハギーブリンが魅力的💖

ヘアスタイルとショーユ系?のお顔がマッチして、あまりのキュートさに、ヨダレをダラダラ流しながら(ウソです)ウットリ見つめまくってしまいました。
けっこー前方席だったので、腋汗と背中汗ビッショリな熱演を堪能しました。

ストーリー的にはツッコミドコロ満載なのですが、ま、コメディってこんなもの。

牧野ハロルドのオネエぶりも、あのステキな低音ボイスで品の良さが漂って心地よかったです。

ラストはビックリして、つい「あっ!」とかなり大声を上げてしまいました😅

キャストの皆さんの身体能力の高さにも大満足。
かなり動けないと、あのお芝居の流れは作れませんからね😉

そう言った意味ではバンベルガー、出番は少ないけれど、あのラストを自然に見せるために、力を貯めに貯めていたと言えるかも?

もう画像を貼る容量がないので
キャストはテキストで。

ブリンズリー・ミラー萩原隆匡
キャロル・メルケット三平果歩
ミス・ファーニヴァル中野今日子
メルケット大佐志村 要
ハロルド・ゴリンジ牧野公昭
シュパンツィッヒ神保幸由
クレア高倉恵美
ゲオルク・バンベルガー勅使瓦武志
続きを読む
posted by の。の at 17:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

2015年10月に観たエンタメ

RENT 10/1マチネ
堂珍ロジャー目当てで突発しました。
相変わらず雰囲気で伝える歌唱でしたが、熱いステージでした。

RED 千秋楽
余りに過密スケジュールで弱っていて、途中朦朧としたけど
テーマは好きなジャンル。
知的好奇心が刺激されました。

ラ・マンチャの男 初日
きりやんアルドンサが早く観たかったのと仕事が休めず、千秋楽を諦め初日を観ました。
今回も幸四郎さんのセルバンテスは素晴らしかったです。

前回公演2階席から観た友人が、「2階まで気持ちが届いてこなかった」と言っていたので、今回は節約モードもあり、思い切って2階I列センターでの観劇にしてみましたが、ちゃんと響いてきました。


ダブリンの鐘つきカビ人間 10/8マチネ
舞台美術がとてもキレイ♡
甘酸っぱいファンタジーでした。後藤さんのギャグ好きです♪
アフタートークショーがありましたが、カテコでの千弘ちゃんの結婚報告にビックリして良く覚えてない・・・

NO.9不滅の旋律 10/17マチネ
2015年で一番面白かったステージです!
脚本も演出も役者もピッタリはまった感じ。

スコット&ゼルダ 10/22マチネ
めぐの歌声を堪能しました。
魂を揺さぶられる表現力です。

ウエンツスコットは良い意味でアクがなく、すんなりと作品に収まっていました。
もっとボイトレして鍛え上げれば、歌もミュージカル仕様になりそう。

中河内クンは生で観るのはたぶんボニクラ以来だと思うけど、今まで観た中で一番良かった♡イイオトコになったなぁ(*‘ω‘ *)
キャバレーのMC出来そう!

ワイルドホーンの楽曲は相変わらずキャッチーで、今回はユーミンテイストに感じる曲が1幕に何曲かありました。

涙を誘う結末ではありましたが、自分の信念を誇りを持って貫いた、ある意味幸せな生涯を送った2人だなって思いました。


パッション 10/25マチネ
終演後、演劇教室があったのでこの日の観劇となりました。
1幕はめちゃめちゃ怖くて、イライラして
2幕はフォスカになりたかった❗️(≧∇≦)
欲しいモノを命を削るすごい集中力で手に入れる・・・あそこまでモノにもヒトにも執着したことがないので、ある意味羨ましい!
posted by の。の at 00:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

2016年もヨロシクお願いします

容量も残りわずかになり
今後、観劇ログをどうしようかと思いつつ、早3年くらい?

ほったらかし状態になってはいますが
細々と季節ごとくらいになにか書き込みますので
どうぞよろしくお願いいたします。

そしてとうとう容量0になったら
重い腰を上げて、何か方法を考えます(≧▽≦)

こんなぐーたらですが
思い出したら、遊びに来てください。
posted by の。の at 13:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

2015年6月〜9月に観たエンタメ


6月
ファンタジー・オン・アイス 6/6夜の部
ゆづ様目当てだけど、鈴木明子さんの【星から降る金】念願のライヴ

エリザベート プレビュー初日
衝撃のヨッシートートデビュー♡

花總エリザ、確かに美しい・・・

エリザベート 6/18マチネ
しろたん、5年前のスネ夫トートからフォーブなトートへ♡

エリザベート 6/18ソワレ
しろたんトートは蘭ちゃんエリザの方が合う感じ♡


7月
アラジン 7/4ソワレ
衝撃のタッキージーニー!日本にこんな逸材がいたとゎ!!
ジーニーの魔法にかかってしまいました♡

1789 7/8マチネ
ヅカならではの群舞のシンクロにティに圧倒されました!
ロナンは龍サマにピッタリな役だけど、ちょっと地味だったかな(*_*;

ライムライト 千秋楽
ものすごく泣いちゃいました〜(/_;)
しっとりとした秘密の宝物のような作品♡

トロイラスとクレシダ 7/15初日
健ちゃんトロイラスの髪型がステキだった♡
鵜山演出はの。のに合っています!

アラジン 7/17マチネ
ハギージーニーがどうしても観たくて突発!
ダンサブルでコメディセンスもカッコ良さも併せ持つステキなジーニー♡
厂ちゃんアラジンとのコンビネーションもバッチリ♪

貴婦人の訪問 プレビュー初日
祐サマ、お茶目過ぎ!


8月
アラジン 8/5マチネ
道口ジーニー観たさに突発!
ブッキングしてた、エリザの神席チケットを手離しましたー(´Д`)
彼のジーニーを観て、魔法も一旦ランプに閉じ込め。
島村アラジンが1幕ラストの『自慢の息子』でやらかしちゃったのがザンネン(-_-;)

サウンドオブミュージック 8/19マチネ
平田愛咲マリアを観に突発!
沼尾マリアを彷彿させる可憐さ♪
母音法を使いながらも自然な台詞回しが素晴らしい♪

エリザベート 8/22マチネ
プレビュー初日以来のヨッシートート♡進化しまくり〜!
握手もしてもらって、やっぱり5日も観ておけば良かったと後悔しました。

貴婦人の訪問 8/22ソワレ
この作品はシアタークリエにピッタリハマります♪

貴婦人の訪問 8/25マチネ
今回一番前方席、それもセンターでいろんなコトが見えました。
終演後八重洲ブックセンターで戯曲本を買いました。

エリザベート 前楽
病みつきになってまた握手してもらいに行っちゃいました。
カテコで来年再演の発表あり。
ヨッシートートは続投?のほくそ笑み?( *´艸`)

エリザベート 千秋楽
調子に乗って、しろたんとも握手♡
ちゃんと気持ちも渡せて大満足( *´艸`)
花總エリザがラスト『私だけに』でちょっとやらかしたけど、やっぱり千秋楽は熱いー♡

貴婦人の訪問 千秋楽
来年の再演の発表があり大喜び♪


9月
五右衛門vs轟天 大千秋楽
おせんべい欲しさに♡

横浜ー阪神戦
12連戦の2戦目で2連敗(-"-)

大相撲秋場所9日目
日馬富士(初日〜)⇒白鳳(3日目〜)⇒高安(4日目〜)⇒千代丸(9日目〜)が休場でかなりザンネンだったけど
応援してる勢と遠藤が勝ってご機嫌な初大相撲観戦でした。

レ・ミゼラブル 大千秋楽
清水マリナートは海の見えるステキなホールでしたが、周りがちょっとサビシー(;^ω^)
光夫バルの成長に感無量♡
posted by の。の at 11:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

2015年2月〜5月に観たステージ

2月
クリエ・ミュージカル・コレクション2
祐さまの『彼帰』に思わず感涙もうやだ〜(悲しい顔)
通路席だったので、ハイタッチもしてもらって、大感動ハートたち(複数ハート)

ラカージュオフォール(千秋楽)
市村ザザの本領発揮。
胃ガン治療後であることを感じさせないパワフルな舞台に、抗ガン剤治療を終えたばかりの友人も勇気づけられていました。

3月
エンドレス・ショック
LEDパネル事故後1週間後に観たのですが、カンパニーの結束力が素晴らしく感動的なステージでした。

4月
デスノート(カッキー月)
うん、うん。

デスノート(健ちゃん月)前楽
うん、うん、うん。

原作ファンとしては、ラストはありえねーだろ?って感じでしたが
マンガの世界観はバッチリ伝わってきて秀作だと思いますexclamation×2
健ちゃんの方が月のイメージがあるけど、どちらもとても良かったですわーい(嬉しい顔)
死神たちも別の個性として楽しめました手(チョキ)

5月
レ・ミゼラブル
5/5ソワレに着席。
今期レミ私的ベストキャスト(バル・ジャベ・エポ・アンジョ)

地獄のオルフェウス
1幕はそれぞれの役がぶつかり合って、ちくはぐな印象だったけど
終盤の迫力ある演技に圧倒されました。
大竹しのぶに引っ張られて他の役者もみんな輝きを増す感じ。

レ・ミゼラブル
4月のプレビュー公演で観る予定だった
ジュンモバル・岸ジャベ・上山アンジョ
をリベンジしに(←この使い方合ってるのかな?)+海宝マリウス
ジュンモバルの発音にちょっと引っかかる部分はあったものの
素晴らしい舞台でしたexclamation×2
posted by の。の at 17:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする